屋根修繕

赤いカラーベストの修繕

赤いカラーベストの修繕ですが、ペンキの塗装によってカラーベストの継ぎ手目地の出口がふさがり、その結果、逃げ場を失った水が中に入り雨漏りの原因になりました。

赤いカラーベストの修繕
赤いカラーベストの修繕

なるべくペンキは塗らないほうが良いのですが、塗る場合は、事前に塗装業者さんとよく打ち合わせをしてください。

雨漏り

雨漏りで内部の木が腐食してしまっています。

カラーベスト施工前の木の板

カラーベスト施工前の木の板です。 この上のカラーベストを施工します。

カラーベスト

この上にカラーベストを施工すれば完成です!

瓦の修繕

厳しい風雨に晒され古くなった瓦に、破損している部分が見つかりました。
長い間メンテナンスをしておらず、内部の基盤である土も傷んでしまっていたため、修繕となりました。
耐久性が強い漆喰での修繕施工です。

瓦の修繕
瓦破損部

長持ちする家造りに頑丈な屋根は欠かせません。破損した箇所から腐食が進み、最終的には大規模な修繕が必要になってしまいます。早めの修繕が一番の解決策です。

棟部の土

瓦の修繕の際に、まずは瓦をすべて除けます。乾燥した漆喰がひび割れてしまっていました。

瓦修繕

乾燥してひび割れてしまっていた漆喰をより耐久性の強いものに変えました。

瓦下地

これで下地は完了です。早めの修繕で家が傷むのを未然に防げました。

カラーベストの棟部鉄板修繕

カラーベストの棟部鉄板修繕ですが、カラーベストにおいてこの部位が、最も痛みやすいところです。
ポイントは、使用している木部が腐食するからです。

カラーベスト修繕後
腐食した木部

工事の際は、木部にアスファルト紙をかぶせることにより棟部内での結露防止差込水による腐食防止を行います。シリコン接着による強度補強がおすすめです。

カラーベスト修繕前

長い年月が経ち、木部が腐食してしまっていました。

痛んだ木部

痛んだ木部を取り除き、新しい物にかえていきます。メンテナンスをすることで、家を長く安全に保つことができます。

カラーベスト施工中

あとは、シリコン接着をすれば完成です!